スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

失敗する集客、成功する集客?

◆オアシスアドバイザー 気づき経営コンサルタント荻野功一朗です。
 http://www.adandweb.com/index.html
■本日のテーマ:失敗する集客、成功する集客?

コンサルティングを多くしているとだいたい、「集客」で
失敗するパターン、成功するパターンが見えてきます。
たとえば、「手書きチラシ」です。
これは、600枚のチラシで500万円が売れたり、
50枚のチラシで、エステサロンが1週間予約を埋まったり。
そんな成果が出る、スゴイノウハウです。
でも、そのノウハウに頼り切っている。
そんな人は失敗するのです。
えっ? どういうことか・・・。
たとえばですね~。
「手書き」にすれば、それでいいとか。
自分なりに書けたから、それでいいとか・・・。
紙をただ単に、ピンクにしてみようとか・・・。
そんな、ノウハウだけを、マネしている。そんな場合です。
そういうチラシは、中身がないんです。
伝わってくるモノがないんです。
だから、チラシに勢いがありません。
これは、表面的な、うまいとか、
下手とかではないのです。

では、逆に、成功するパターンは、
どんなパターンでしょうか?
たとえ、絵が下手でも、字が汚くても、
ごちゃごちゃしていてもOKです。
チラシを書いた人が、
お客さんに、
こんなことを感じてほしい、
こんなことを伝えたい。
そんな想いが、伝わってくるパターンです。
いうなれば、
チラシをつくっている人が楽しんで書いている。
しかも、自己満足じゃなく、
お客さんのことを
思い浮かべて、書いている。
こういうチラシです。
すると、不思議なんです。
絵が下手でも、字が下手でも、
伝わってくるモノがあるのです。
いうなれば、
書く人の「気持ち」や
お客さんへの「思い」が
チラシに出てくる。
そういう場合は、反応率10倍になったり。
600枚のチラシで、500万円が売れたり。
50枚のチラシで、エステの予約が1週間うまったり。
するのです。

そういうチラシは、
見ていて、楽しさが伝わってくるのです。
そして、あなたという人が伝わってくるのです。
すると、いいお客さん、
いっしょに楽しもうという
お客さんがやってくるのです。
だから、これは、自然と商売繁盛してしまうのです。
景気、不景気は関係ないのです。
そして、絵や、字のうまい下手も関係ないのですね。

まとめ:
(1)お客様を思い浮かべる。
(2)楽しむ。
(3)あなたという人を感じさせる。
これが、成功するチラシづくりの
ポイントなんです。
言いかえれば、
あなたの、気持ちのスイッチをいれて
お客様とつながること、
そこが大切なのです。

「儲かる手書きチラシ 作成セミナーDVD」
くわしくはこちら↓
 http://www.adandweb.com/teachmat/tegaki.html

テーマ:ビジネスブログ - ジャンル:ビジネス

2010.05.10 | 情報オアシスお役立ちコラム

«  | ホーム |  »

FC2Ad


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。